ほくろは治療ができるから悩まないで!【美容クリニックで治療】

サイトメニュー

基本的な知識を知る

医者

注意点や特徴

ほくろは、顔などにできると気になる人も多いですが、このような場合には治療して除去をすることでコンプレックスを解消することが可能です。ただ、ほくろ除去をするならば気をつけるべき点を頭に入れておかなければなりません。最近の美容整形外科などではレーザーを使ってほくろ除去を行うことが多くなっています。この時、除去した部分に関しては肌色のテープを張っていきます。実はこの肌色のテープは、よく見ると目立つものになりますので外を歩くときにかなり注目されてしまう可能性があるわけです。そこで、肌色のテープを隠すためにマスクなどを持っていき目立たないようにしておく必要があります。テープは、ばんそうこうのように治療した傷口を防ぐだけでなく、ほくろを処理した跡が出っ張らないようにする目的もあります。そのため、違和感があるからと云って自分で外してしまわないようにしましょう。もし外してしまうと、2週間ぐらい経過した時に肌の一部が盛り上がってしまう可能性があります。テープ以外の点で気をつけることは、日焼けをしないことです。除去した部分が日焼けをしやすくなっており、再びほくろができてしまう可能性も否定できません。夏でなくても、5月ないしは10月ぐらいでも日によっては日差しが厳しいですので可能なかぎり外に出ないか、日焼け対策をすることが大事です。ほくろは、直径が7ミリ以内で黒い色が一般的ですが、細かく分類するといくつかの種類があります。基本的には、単色になっています。これはどのような意味かといえば、ほくろは黒一色で構成されているわけです。また、左右対称になっており左右の形がいびつになっていなければ問題ありません。これが通常の健康的な状態になります。ところが、直径があまりにも大きなものに関しては悪性のものも考えられますので注意しなければならないところです。一つの基準としては、直径7m以上のものは何らかの問題がある可能性が高くなります。いわゆる悪性腫瘍の場合も考えられるわけです。この場合には、一度美容整形外科などに行って治療してもらうべきです。もちろん、だからと言って食事ができないほど心配する必要はありませんが、その可能性があると頭の片隅に入れておき少しでも大きくなったとしたらすぐに病院に行った方がよいでしょう。ほくろの種類によっては、昔からずっと同じ大きさのものもあれば次第に大きくなってくるものもあります。見た目の変化があることがいけないわけではありませんが、大きくなるスピードが速い場合、例えば3カ月程度で目に見えて直径が大きくなっている場合には専門の医師に治療してもらうのが一番安心できます。

Copyright© 2019 ほくろは治療ができるから悩まないで!【美容クリニックで治療】 All Rights Reserved.