ほくろは治療ができるから悩まないで!【美容クリニックで治療】

サイトメニュー

色素細胞母斑の除去方法

医者

除去方法の選択

美容という観点から見てみると顔にできたほくろを気にする人は意外と多いようです。そのために最終的に除去を選択する人も多いのが現状です。では顔の気になる部分にできたほくろを治療するにはどうしたらよいのでしょう。人によっては美容整形のような大がかりな治療を行うイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。ですが実際のほくろ除去は意外と簡単に行うことができます。一般的な方法としてはメスを使った切除と、炭素ガスレーザーを照射する方法の二種類があります。まずはメスを使ってほくろをくり抜く方法です。この方法は、まわりの皮膚を含めて丸くくり抜き根っこごと除去します。ほくろは皮膚の内面に根っこの部分があるため表面の膨らんでいる部分だけでなく根っこの部分も除去する必要があります。除去後は治療の範囲にもよりますが切った部分がふさがるのに2週間ぐらいかかり、その間は軟膏などを塗ってテープで保護します。もうひとつの方法は炭素ガスレーザーを患部の組織に照射して除去する方法です。仕組みとしては組織の水分にレーザーを吸収させ発生した熱で組織を蒸発させるというものです。この方法は出血もほとんど無く短時間で除去処理が行えるのが特徴です。除去方法考えた時どの方法を選択したら良いのか悩んでしまう人もいるでしょう。メスで切除する方法と炭素ガスレーザーを照射する方法が一般的なのですが、治療する目的によっても選択肢は違ってきます。それは美容としてではなく皮膚がんなどの病気の可能性を考えた場合です。病気の有無を調べるにはメスでほくろを根本から取り除いた後その組織を検査する必要があります。これによって病気の有無が分かるだけでなく、メスで根本から取り除いているためほくろが再発する心配がありません。ただ多少の痛みが出るのと傷口がふさがるのに時間がかかります。傷跡は残りますが非常に小さなものです。直径5mmを超えるような大きいほくろを除去する場合は大き目に切開して除去後は傷口を縫います。傷跡は若干残る可能性があります。小さなほくろの除去の場合と違って傷口を縫うので治癒するのが早いです。気になるほくろを除去したいなど美容の面で考えた場合は炭素ガスレーザーがお勧めです。レーザーの照射は皮膚の表面のみなので治療部分が治るのは早く傷跡は殆ど残りません。しかも除去方法も簡単に行えるためいっぺんに複数の患部を除去することができるのでたくさんある人には適した除去方法です。

Copyright© 2019 ほくろは治療ができるから悩まないで!【美容クリニックで治療】 All Rights Reserved.