ほくろは治療ができるから悩まないで!【美容クリニックで治療】

サイトメニュー

クリニックに相談しよう

顔に触れる女性

目立つ斑点

顔のコンプレックスとして、シワやそばかすなどありますが、ほくろを気にしている方も多くいます。ほくろには様々な種類があり、良性のものや悪性のものがあります。悪性のものだとガンの原因となりますので医療機関での治療が必要になります。一般的にほくろは良性のもので、ほっといても健康には影響ありませんので、そのままにしておく方がほとんどでしょう。しかし、そのままにしておくとどんどん大きくなってしまうものもあるので注意が必要です。一般的なものとしては、クラーク母斑があります。全身どこにでも発生し、生まれつきの場合がほとんどです。特に治療の必要はありませんが、成長していくと色が濃くなってしまうので目立つようになります。似たようなほくろとしてスピッツ母斑があります。クラーク母斑と区別がつきにくいですが、丸みを帯びた形状をしていて左右対称なのが特徴です。ほくろには膨らんでくるものもありますが、こちらは美容クリニックで治療する方が多いようです。皮膚が盛り上がり、黒くなるので顔に発生すると非常に目立ちます。多いのはミーシャー母斑と呼ばれるもので、5mmから7mm位の大きさになり、ドーム状に盛り上がります。盛り上がった部分には数本の毛が生えてくるのが特徴です。ほくろの原因にはいろいろなものがありますが、大きく分けると先天性の場合と後天性の場合があります。先天性は生まれつきの場合がほとんどで、遺伝子の影響を受けており、15歳位までに発生します。メラニン色素が皮膚の一部に集中することで黒い斑点となりほくろになります。先天性の場合、治療が必要なほど大きくなりませんが全身どこにでも発生する可能性があります。後天性の場合は、加齢によりお肌が弱くなったりすると発生します。原因としては紫外線があります。お肌は紫外線を浴びると、防御するためにメラニン色素を作って紫外線を吸収します。若いうちは新陳代謝が活発なのでお肌の成長サイクルが保たれていますが、加齢により衰えてくるとメラニン色素を排出することできなくなり、お肌の内部に残ってしまうのです。紫外線を浴び続けると大きくなることもあり、ほっとくと見た目に影響を及ぼす場合があるので気になる方は、治療したほうが良いでしょう。また女性ホルモンのバランスが原因の場合もあります。例えば妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されます。女性ホルモンの分泌量が多くなると、メラニン色素が活発になり、排出が追いつかくなってしまうのです。また睡眠不足やストレスで自立神経が乱れて新陳代謝が落ちると、メラニン色素を排出することができなくなるので、ほくろが増える一因になってしまいます。

基本的な知識を知る

医者

ほくろ治療をする場合に気をつけるべき点は、治療後に貼ったテープをはがさないことです。これをはがしてしまうと、治った後膨らんでしまう可能性があります。種類などで注意するとすれば、直径7m以上のものは腫瘍の可能性がある点です。

詳しく見る

悩みを解決できる

看護師

ほくろの治療は美容整形でできます。その方が跡形もなく、キレイに除去できるので効率的です。それに、コンプレックスになっている人にとっては悩みを解決できます。安全かつ安心して施術を受けられるクリニックを探してみましょう。

詳しく見る

気になる部分を改善

目元を触る女性

初めてほくろ除去の治療を検討する場合は、分からないこともあり不安もあるでしょう。痛みはあるのか、ちゃんと綺麗になるのか等、心配はつきものです。まずはしっかりと相談をして納得して受けることが大切です。料金の相場を事前に確認もしておくことです。

詳しく見る

色素細胞母斑の除去方法

医者

美容としての観点からほくろを除去したいと考えている人は多でしょう。除去方法としては一般的にメスで患部をくり抜く方法と、炭素ガスレーザーを照射して蒸発させる方法があります。また皮膚病の治療を考えた時にも有効な手段だと言えるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2019 ほくろは治療ができるから悩まないで!【美容クリニックで治療】 All Rights Reserved.